男性

ランキングサイトならお得|女性のための育毛剤

髪の毛にいい食べ物とは

ブラシ

蛋白質不足が髪を弱らせる

髪はケラスチンというたんぱく質でできています。ケラスチンは十数種類のアミノ酸から構成されていて、その中で一番多いのが含硫アミノ酸の1つであるシスチンです。シスチンは体内で合成できない必須アミノ酸なので毎日の食事でとる必要があります。シスチンを含むたんぱく質が不足すると、髪の毛を作る材料が不足することになるので、髪は弱々しく細くなり、抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。たんぱく質が豊富な食品は豆類や穀類です。特に大豆は古くから畑の肉と呼ばれるほど良質のたんぱく質が豊富です。抜け毛・薄毛を防ぐ為に、毎日の献立に積極的に取り入れましょう。肉や魚、卵もたんぱく質が豊富が食品です。但し食品や部位によっては脂質も多く含まれるため注意が必要です。脂肪分の摂り過ぎは皮脂腺を刺激して、皮脂を過剰に分泌させ、毛根にダメージを与えます。

毛根の血行を促進

たんぱく質は体内で有効に利用できる形に変わらなければ、抜け毛・薄毛は防げません。その役割を果たすのがビタミンB群、特にビタミンB6です。ビタミンB6は、イワシ・サンマ・サバなどの青背の魚や、マグロに豊富に含まれています。同じビタミンB群でもビタミンB6は、髪の成長を促進する働きがあります。髪の発育には毛根の血行を促進することが必要不可欠です。この血行促進を助けるのがビタミンEです。ビタミンEは血行を老化させる過酸化脂質の生成を抑え、過酸化脂質を分解し、血液の循環をスムーズにする働きがあります。ビタミンEは黒ごま、ピーナッツ、アーモンドなどに豊富に含まれています。抜け毛・薄毛が気になる人はこれらの食品を取り入れましょう。